北海道在住のフライフィッシングが趣味の男です。釣行紀を主体に好きな釣りへの想いを気ままに書き綴っていきたいと思います。


by Old Limerick

Fishhook

今朝も冷えました~
a0280243_1161881.jpg

ちょっとバタバタしてましたが・・・寒い毎日ですが夜に今シーズン用の毛鉤を少しづつ巻いてます。
釣りの起源は少なくとも約4万年前の旧石器時代まで遡るそうで日本でも、石器時代の遺跡から骨角器の釣針が見つかってるそうです(学生時代の勉強で御存知かと思いますが)。日本でも今から1万年前の縄時代のころから釣りが行われ初期のころは、竹や木材などで直針と呼ばれるもの形が多かったそうですが当時の加工技術とかも影響してその様なシェイプだったのでしょうか?このような形だと早合わせなんかしたら絶対バレそうですね。遺跡から様々な形の釣針が発見されていることからも、様々な試行錯誤があった事が伺えますよね・・・。
僕自身も釣りを覚えてから様々な釣り針を使って釣りをして来たので下手なりにも拘りみたいなものがあります(笑)特にフライフィッシングを覚えた33年程前には其れまで行ってきた釣りでは経験しなかった失敗があり余計に拘った気がします。
当時、ドライフライばかりだった僕は毛鉤を浮かせるため某社の3X Fine wireのフックを使ってたのですが針が伸ばされるという其れまで経験してきた釣りでは経験したことの無い事に頭を悩ませていました・・・とある日に当時、通販でマテリアルを取り寄せしていた老舗のフライショップからのDMにショップオリジナルの気になるフックが出てて早速取り寄せしてみました。届いたフックは其れまで使っていたフックよりゲイプがやや広くスプロートベンドのラウンドワイヤーでフックポイントもとてもシャープでした。手にした瞬間、凄いカッコいいフックだと思い早速、毛鉤まいて休日にトラブルなく魚が釣れたことでフックの恩恵に感動したものでした。前置きが長くなり過ぎましたが(笑)実は10数年前に入手した、お気に入りのフックが無くなりかけ近いシェイプのものを見つけ購入に踏み切りました。
a0280243_1204873.jpg

手前が10数年前に入手して無くなりかけてるフックで奥のテーパードループアイの方が今回、入手したフック。ワイヤーの太さにもフックの性格が出てますね。
a0280243_124429.jpg

左からTD4#10~今回、入手した#10~無くなりかけてるフックの#10~SL6#8
小さいサイズのスペイフライが巻きたくて入手したのですが10数年前に入手したフックはとても
リーズナブルなプライスからは信じられない品質でお気に入りでした。
釣り針を見てると様々な事が頭に浮かび釣りの出来ない時期の僕の楽しみのひとつだったりします。
[PR]
by old-limerick | 2014-01-18 01:51 | 釣り具・フライ